2010年12月07日

第5回[拡大]勉強会報告:腰原幹雄准教授<1>・・・地震に学ぶ伝統構法木造住宅の被害

  ※木の建築フォラム機関紙「木の建築」25に掲載記事を再テキスト化したものです。

2009_1010_0125s.jpg

腰原幹雄氏 (東京大学生産技術研究所准教授)

               地震に学ぶ伝統構法木造住宅の被害

 
 ■地震による被害から何を学んできたのか
ko_1.jpgko_1-2.jpg
 私たちは、本当に地震に学んでいるのだろうか、というところが実は正直なところです。
地震による木造住宅の被害写真です。
どれも同じように瓦屋根の建物が押しつぶされています。
1923年の関東大震災から2004年新潟県中越地震まで約80年間ありますが、昔の同じ建物がずうっと建っていたわけではありませんが、建て替えられていた建物でも同じような被害を受けています。
地震に学んでいるけれど、まだまだ学び足りないのか、それとも考えていることが違うのかなと思います。
続きを読む


posted by これ木連 at 18:25 | Comment(0) | 第5回勉強会(腰原幹雄氏)報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5回[拡大]勉強会報告:腰原幹雄准教授<2>

■耐震要素の被害
ko_4-2.jpg 

伝統的構法の主要な耐震要素に土壁がありますが、その被害は、貫のところで大きなひび割れ、あるいはばっさり落ちてしまう、あるいはせん断破壊するとか、部分的に破壊するという傾向が見られます。

新潟県中越沖地震で、お寺にヒヤリングしたときに「もう土壁は嫌だ」と言われました。2004年の新潟県中越地震で土壁が壊れて、檀家さんに無理を言って修理をしてもらったのに、また土壁が壊れて、また修理をしなければいけないと。

たぶん、土壁というのは、もともと材料が身近にあって、手に入れやすく、地元の職人さんが手軽に扱え、補修や修理なども比較的安価で容易に行える工法だったのだと思います。現代の価値観や基準でいうと必ずしも補修さえすればよいというものを望んでいるとは限らない。だとすると、こういった壊れ形をどうやって制御するのかということも考えなければいけないと思います。
続きを読む
posted by これ木連 at 17:27 | Comment(0) | 第5回勉強会(腰原幹雄氏)報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5回[拡大]勉強会報告:腰原幹雄准教授<3>

ko2009_1010_0179.jpg
■建物の移動
柱脚を留めるか留めないかという話の整理をしてきました。
濃尾地震や姉川地震などの調査を元に昭和16年に地震学者の今村明哲が『鯰のざれごと』を書いています。昭和8年には田辺平学が『耐震建築問答』の中で触れたり、北伊豆地震での調査報告をまとめています。さらに、昭和23年の福井地震で久田俊彦の調査報告などがあります。

  

続きを読む
posted by これ木連 at 16:54 | Comment(0) | 第5回勉強会(腰原幹雄氏)報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。