2009年05月16日

第2回伝統構法を考える勉強会報告・・・「待ったなし!住宅瑕疵担保履行法」伝統構法への対応はどうなるのか? 2009.05.16

 住宅瑕疵担保履行法の施行が10月1日と迫っています。まさに、待ったなしの状況となっています。すでに現在工事の物件はその適用を受ける可能性があります。
 伝統構法の住宅では外壁真壁は当たり前のことです。雨漏り等について、この法律の中での考え方や対応については、まだ不確定な要素が多いと認識している実務者も多く、今回は勉強会という形で国土交通省の直接の担当官と現在、認可されている5社の保険法人の中から(財)住宅保障機構の担当者に解説していただきました。事前に質問書と提案書をまとめ当日それに対して回答していただきながら、課題を探りました。

「待ったなし!住宅瑕疵担保履行法」伝統構法への対応はどうなるのか?
 ↑ 1部:国土交通省からの解説 
■続きを読む
posted by これ木連 at 23:51 | Comment(0) | 第2回勉強会(瑕疵担保)報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする