2009年02月28日

第1回伝統構法を考える勉強会報告(1)・・・伝統木造の耐震性に関する誤解

伝統構法のとらえ方
  ◆報告はNPO法人伝統木構造の会がまとめました。
 第1回伝統構法を考える勉強会報告 2009.02.28
   (1)伝統木造の耐震性に関する誤解
   (2)伝統木造の耐震要素(土塗り壁・柱の曲げ・貫)
   (3)建物全体の挙動(水平構面・建物全体の構造モデル)
   (4)実験・測定の例(建築研究所の実験・E-ディフェンスの実験)


 私は伝統木造に関しては、学生の時代に遡っていろいろやってきました。伝統木造については、わかっていることも結構ありますが、わからないこともまだたくさんあります。
しかし、木質構造の耐震という観点から研究をしている研究者のグループは、人により表現の仕方など若干の違いはありますが、耐震工学という観点からの理解により、ある程度の共通認識があります。
 一方で、大工さんあるいは設計者の方は、伝統木造に対して、こうすれば強くなるのではないかというイメージを持ってますが、これは研究者と一つの場で話をするとだいたい食い違います。今日はその食い違いを埋める、一つの良い機会だろうと考えています。ただ我々の考え方を一方的に押し付けるのでは無く、工学的に考えればこういう見方もあるというところを是非ご理解いただきたい。
それは100%正しいと限らないし、間違ったことも言っているかもしれない。しかし、工学的に考えるとそういう見方もあるということを、いくらかでも今日目にしていただけたらと考えています。
 最初に今まで色々な人とお話をした中で、「いや、それは違うんじゃないか」と我々が感じてしまうことを申し上げたい。
  
■続きを読む


posted by これ木連 at 20:19 | Comment(0) | 第1回勉強会(河合直人氏)報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回伝統構法を考える勉強会報告(2)・・・伝統木造の耐震要素(土塗り壁・柱の曲げ・貫)

2009_0228_0038s.jpg
■伝統木造の耐震要素
 ●土塗り壁
 ここから、どういうものを伝統木造の耐震要素として見込めるかという話をしたいと思います。まずは要素に分解していく話です。 いくつか耐震要素として考えられるものがあります。土塗り壁、これは代表的なものです。今度のE-ディフェンスの実験でも、少し土壁が多すぎるのではという意見はよく聞きますが、土壁が耐力を決める決定的な要素でした。土壁については色々な方が実験等をされて、ずいぶん色々な事がわかっては来ていますが、各地域で色々な仕様、やり方があり、それを全部実験している訳ではないので、まだわからないこともたくさんあります。とにかく仕様によって大きく変わります。
  
■続きを読む
posted by これ木連 at 19:43 | Comment(0) | 第1回勉強会(河合直人氏)報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回伝統構法を考える勉強会報告(3)・・・建物全体の挙動(水平構面・建物全体の構造モデル)

2009_0228_0062s.jpg
■建物全体の挙動
 ●水平構面
 鉛直構面を繋いでいる水平構面と呼ばれる、屋根や2階の床などは、どういう働きをしているのでしょう。それを考えるには、建物全体でどういう動き方をするのを見ていかないと話が進みませんので、全体の挙動を考えてみましょう。
  
■続きを読む
posted by これ木連 at 18:08 | Comment(0) | 第1回勉強会(河合直人氏)報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回伝統構法を考える勉強会報告(4)・・・実験・測定の例(建築研究所の実験・E-ディフェンスの実験)

2008_0129_044s.jpg

■実験・測定の例 
 次に実験例の話に移りましょうか。静的な加力実験、比較的最近では、森林総研がつくばの民家で引き倒しまで実験しています。同じつくばなので私が昔やった実験の建物とよく似ています。最大荷重でやはり5tくらいです。彼らは頑張って最後は本当にぐしゃっと倒壊するまで引っ張りました。これは気を付けないと変位計を壊したりするので、実験する方としては結構大変です。
本当に倒壊する時の変形量はだいたい1/4ぐらいです。物によって違いますが、1/5〜1/3くらいの間です。
 壁とか柱の曲げを単体で実験すると最大耐力は1/30くらいで出たりしますが、実大でやると、このポイントはもっと大きな変形量のところで出てきます。この場合ですと、1/10近いところで最大荷重が出ています。 同じ様な実験を山口県で藤田香織先生などがやられています。これも1/30くらいのところで最大耐力が出てあとは下がる。
東三河でも実験がされています。
  
■続きを読む
posted by これ木連 at 17:11 | Comment(0) | 第1回勉強会(河合直人氏)報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。